FC2ブログ

グロー・ナイト「お前はあれだろ・・・とくしゅナイトの・・・」

こんにちは~

~コメント返信~

>黒鉈s
応援等ありがとうございます~!
奴はきっと僕をパシり扱いしているでしょうね~
しかし、黒鉈s、お前もか~!!
では、やり返してみましょうかね~・・・
それなりに厳しくいこうと思っていますよ~

>チタンs
応援・評価等ありがとうございます~
確かに反撃すべきでしょうね~
ただ、蹴り入れたら僕にも死亡フラグが~・・・
よし!僕も奴がいたら冷たく接してみることにしましょう~



~2日目振り返り・後半~

一行は1時間長いバスの旅を終えて、法隆寺に到着!
おおおお!こ、これは・・・!!

でけー!!!

と思いつつ、ガイドを交えて中へ進入しました~
さぁ、我が記憶も曖昧になってきたんで、印象に残っている部分を
てけと~にピックアップして書かせていただきます~

そう・・・まず印象に残っているのは、あの五重塔ですね~
何故だかわからないですが・・・何か威圧感を感じる・・・
しかし、この時の僕は後に出てくる強大な存在を知る由は無かった~
五重塔を写真に収めて、中を少しだけ見て我々一行は先へ進む~
次に進むは数々の仏像があった大講堂、上御堂そして長い通路・・・うむ、広いんですね~
鏡池を見つつ、進んだ先にあったのは大宝蔵院!
大宝と名前があるだけにガイドさん絶賛の凄い仏像がありました~
この法隆寺にある仏像の数々は是非とも、皆様自身の目でご確認くだされ~

(図ぐらいうpしておけば良かったと後悔)

大宝蔵院で法隆寺見学は終了!
一行は法隆寺を後にし、バスに乗り込むのであった~
次に目指すのは・・・そう、奈良と言えば大仏!
よって、目指すべき場所は奈良公園なんですよ~
・・・ということでまたもやバスで1時間の旅になるわけですよ~

・・・ということで、バスで色々あったような無かったような時間を過ごし、
鹿がいる緑の公園が見えてきました、あれが奈良公園です~

バスを降りて、ガイドさんと一緒に奈良公園へIN!
しかし、まずは東大寺へ行き、見学するのが優先です~

東大寺ではまずは金剛力士像がお出迎えです~
これまた・・・凄い威厳を保っておりますものですね~
写真に撮ったのですが、上手く撮れてればいいですね~
・・・しかし・・・是非ともOCG化したい・・・という気持ちが・・・
・・・という事で、今回見学に行った場所で印象に残ったものを
いずれ、このブログでOCG化しようと思います~

そして、次に見たのはもちろん・・・

大仏様です

これは・・・教科書で見るより凄い・・・な、何だ、この戦闘力は・・・
さて、もちろんここまで来たからには大仏様だけでなく、
周りにいらっしゃる仏像の数々を拝見してきました~
実際、そういうのを見ると鳥肌もの・・・かなりの勉強になりました~!
あ、これもやはり自分の目で(ry

さぁ、大仏様を見終えた後は鹿との交流です~!
まずはクラス毎に記念撮影をしました~
おっと、もちろん、ここではクラスメートwith鹿ですよ~
そして、これを撮り終えた後はいよいよ自由時間だー!
・・・て、これがまた時間が少々短かったんですね~
なので、とりあえず土産物を探したんですが、ここでは買いませんでした~
せめて鹿せんべいでも買っておけばよかったなぁ、とここで反省・・・
そうなんですね~、何ということか鹿のお辞儀を見るのを忘れてしまったんですよ~
とりあえず、次のバスは1時間45分という長旅になりそうなんで、
最低限トイレだけは済ますことに成功致しました~

そして、奈良公園と鹿、そして東大寺に別れを告げて、
一行は今日泊まるホテルへと向かっていくのであった~
ちょいとメールしつつ、薄暗くなっていく外を見ながら走るバス~
さぁ、我々が次に泊まるホテルとは・・・一体どんなホテルなのか・・・
期待と不安を胸にのせる僕をのせたバスは進んでいく~

さぁ、遂にバスが止まりましたよ~!
どんなホテルかな?かな?・・・ん?ホテルが・・・無いぞ・・・
聞くところによれば、ホテルは細い道のとこにあるから少し歩くそうで~
我々はバスから降り、ツアーリストさんに案内されつつホテルに到着~

我々はホテルから熱烈歓迎を受けて、晩ご飯を頂き、
お風呂に入り、寝るしたくをして寝たのであった~


・・・む・・・?・・・そうだ、そうだった・・・
ここで、僕はある恐怖のお話をしてあげようか・・・
僕が泊まったこのホテル・・・実は僕の部屋の下の階の部屋には
女子の友人が泊まっていたのです~
その女子から聞いたお話をしてあげましょう~

その女子達が部屋にいた時、何か窓から物音がしたそうです~
女子達の一人が外を見ても何も無い・・・・・・
おかしいと思ったその女子は上を見たら・・・そこには白い幽霊が石をこちらに投げているという・・・
その恐怖から、その女子達の中には完全に怯えてしまった人がいたそうです~
上を見上げた女子が急いで懐中電灯を取ってきて、上を照らすと・・・
そこには誰もいなかったそうです~
あれは一体何だったのか・・・?

この話の真相は少し時間を戻す事で解決する・・・



さぁ、この続きは続きから見るがよい・・・
今日のところはここら辺で終了と致しましょう~

では~







さぁ、話していこうか、真相を・・・

僕ら男子一行が部屋に到着した時・・・
実はとある男子2人・・・ま、僕の班にいる1名も混ざっていますが・・・
そいつらがベランダが開くことに気がついたんですよ~
普通、ベランダは開かないんですが、僕らの部屋は非常はしごがあるせいか
・・・なんと・・・開くことができたんですよ~
そして、何を思ったのか・・・その男子2名は・・・


石を投げ出した


・・・?・・・さ、最初は何を言っているかわからなかった・・・
信じられねぇとは思うが・・・(ry

しかも、その石は下の階の女子の部屋の窓に向かって投げていたらしい~
そして、その男子は女子を確認するとすぐさま部屋に引き返しました~
女子の方はベランダが開かなかったので、深く確認することができませんでした~
そして、女子の方から連絡が・・・そりゃ、バレますよね・・・
実はその女子と連絡できたのは、
その部屋の中で僕を含め3、4人程度(犯人は出来なかった)でしたが・・・
何故か、その人たちまでもがこの事件の容疑者になっていくのであった・・・
まず、一番初めの電話を受けた男子が犯人にされていきました~
とりあえず、僕からもコンタクトを取り皆の協力もあってその男子は冤罪を免れました~

・・・こ、ここで、皆さんがワケワカメになってきただろうと思いますので~
簡単な説明を・・・

男子2名石投げ→下の階の女子恐怖→女子から電話→男子の作戦「誤魔化せ」
→電話を受けた男子が犯人扱い→男子の作戦「正直に言う」→僕も協力
→何とか電話を受けた男子の疑いを晴らす→犯人告白→女子がその2名恨む
→一部を除き女子その男子を許す→終了

実は僕もその男子2名を何とか許してもらえないかというメールをして、
僕ら男子群は夜更かしをせざるを得なくなったんですが~
一部の女子がどうしても許さないというので男子2名が諦めて、事件終了~


そうですね、何故この男子2名がこの事件をここまで抑えたかったかというと
それは先生にバラされたくなかったからなんですよね~
ま、プライバシーもありますし、これ以上は詳しく書きませんが・・・


さて、この事件・・・僕はこう名をつけました・・・


幽霊石投げ事件


・・・センス無いなぁ・・・僕は・・・
まぁ、そんなことはどうでもいいですよ~

それより、僕が未だ知りたいのは・・・何故石を投げたのか・・・

はたから見れば、コモンセンスに反するのでは?
という意見もあるだろう・・・当時の僕もそうであった・・・
しかし、やはりそこは修学旅行の恐ろしさ・・・
自然とテンションが上がっていき、ここまでなってしまったのだろう・・・
おそらく、その男子2名は下の女子の気を引きたかったのでしょうね~
ただ、この行動は・・・蛮勇行動というべきか・・・
やはり、テンションがいくら上がってもコモンセンスは重要にしないといけませんね~
そこの所は僕も気をつけるべき箇所ですね~
完全に第3者目線で見てはいられませんね・・・

ただ、やはり・・・ちゃんと反省して行動すべきでしょう・・・
それが今回の教訓ですよね~

では~
スポンサーサイト



comment

Secret

プロフィール

ケンコウ

Author:ケンコウ
パソコン・ゲーム命
無論、ニコニコ・アニメも命

☆今はまってるゲーム
・クイズマジックアカデミー
・東方妖々夢(ノーマル)
・鈍器リターンズ

☆今はまってる動画
・実況動画(常に色んな人を見ている)

☆今したいこと
・小説・絵の修行
・ゲームを充実させる
・クイズゲーム作り
・たくさんアニメ見たい
・本をゆっくり読みたい

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

BGM♪ブログで音楽生活

translate this blog into

リンク

ブロとも申請フォーム

最近のトラックバック

自由空間